カジノによる食料生産は良いアイデアといえるか?

現代のカジノは、単にテーブルゲームやスロットマシンがあるだけの施設ではありません。最近では、人々はギャンブルのためだけではなく、娯楽のために訪れており、施設全体が活気に満ちています。現代のカジノは、ホテルやバー、レストランなどを備えた巨大な複合施設となっているのです。

そのため、このようなエンタメ施設で過ごすことが少々高くつくのも納得できるでしょう。ギャンブル以外にも、お酒を飲んだり、美味しい料理を食べたり、時にはいつもとは違う特別な一夜を過ごしたりしたくなるからです。しかし、ゲストに食事や飲み物を無料で提供しているカジノがたくさんあることをご存知でしょうか?

カジノは、ゲストに特別感を与え、自分たちのコミュニティの一員であると感じてもらうために、無料で食事を提供しているのです。ですが、大量の料理を用意するには、当然ながら、本格的な準備と新鮮な食材が必要になりますよね。その結果、自ら農場を所有し、食料生産を始めるカジノが増えてきているのです!

その先駆けとなったのが、オクラホマ州のダウンストリーム・カジノ・リゾートです。彼らは通常のカジノ運営に加えて、農業と食品の原理を現代のホテル運営に応用して、独自のシステムを開発しました。

では、これは他のカジノも採用すべきものなのでしょうか?それは状況や目的に応じて異なると思います。例えば、ゲストに健康的なオーガニック料理を提供したい場合は、このやり方は野菜や肉を買うよりも手頃な選択肢となりえるでしょう。

しかし、飲食店営業許可を取得したり、労働者に給料を支払ったり、畑から食卓まで運んだりする必要があり、これにもかなりの費用がかかります。それでも、もしゲストが国産の食品を評価し、品質にお金を払ってくれると信じるなら、成功のチャンスはまだあります。

実際のところ、今日では、農薬や化学肥料を使った加工食品に否定的である人がたくさんいます。オーガニック食品の人気が高まっているのは、そのような理由からです。そして、農場を経営しているカジノであれば、そのような層のゲストに対して、オーガニックの選択肢を提供することができるでしょう。

もし飲食店を経営している方で、食料生産を考えているなら、それは素晴らしいアイデアかもしれません。ただし、最初は小さく始めて、徐々に発展させるようにしてください。人々の反応を観察してみて、良い反応が得られれば、食品や材料の生産を続け、将来的に拡大していくといいでしょう。

自ら食料生産を行うのは、はじめは、どんな人にとっては難しいものでしょう。例えば、何を育てればいいのか、土地の準備はどうすればいいのか、どうやって野菜の世話をすればいいのか等…問題は山積みです。自分が何をやっているかが分からなければ、監督してくれる人を雇うようにしましょう。

当然のことですが、自分で農作物を育てるには、多大なる献身や努力を要します。灌漑設備や温室といった高品質な設備に投資できる費用があれば、野菜を乾燥や日照から守ることができます。

一方で、設備投資ができなければ、運と天候に頼ることになるでしょう。ある年には成功しても、他の年には雨や嵐、雹などで大きく失敗することもあります。ですから、食料生産ビジネスをはじめる前に、現在の財務状況、経営しているカジノの将来性、農業ビジネスに影響を与える天候要因などを事前に評価しておくべきでしょう。